ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月28日

シュトゥットガルト、守護神コーベルを完全移籍で獲得間近

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 選手自身による決断は、確かに早かった。だがクラブ間での合意には、長い時間を余儀なくされた。確かにレンタル契約には500万ユーロでの買取オプションが付随していたが、コロナ危機により財政面へ打撃を受け、これまで幾度となく風向きが変更。ただ最終的にTSGホッフェンハイムとVfBシュトゥットガルトは、グレゴール・コーベルの移籍で大筋合意に達している。

 昨季の1部復帰を守護神として支えたコーベルを巡っては、ヘルタ・ベルリンがサラリーの3割増で獲得を目指したものの、コーベルは居心地の良いここシュトゥットガルトでの更なる成長を目指していくことを決断。しかしクラブ間での交渉が難航したことから、ブンデス2部ハノーファーのユリアン・ポラースベックが代替案として浮上していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報