ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月14日

マルセイユにコロナ感染疑い、シュトゥットガルトとの練習試合中止

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本日の日本時間24時より遠藤航所属のVfBシュトゥットガルトは、酒井宏樹所属のオリンピック・マルセイユとのテストマッチを、フランスのフォス=シュル=メールにて予定していたものの中止となったことが明らかとなった。

 その理由はオリンピック・マルセイユの選手の中に、新型コロナウィルスの陽性反応の疑いがあるとのことで、これは木曜夜にクラブ側から発表がなされたもの。ここ数週間にわたって、週に複数回のコロナ検査を実施しており、直近のテストにてそれが明らかとなったという。

 そのためクラブ首脳陣は医療スタッフと相談した結果、予防措置として金曜日に行われる予定だったVfBシュトゥットガルトとのテストマッチを、注視する決断を下した。なお同日に予定されていたブンデス2部ハンブルガーSVとブンデス3部リューベックの練習試合も、リューベック側に陽性反応が見られたために中止となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報