ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月11日

ドイツ杯初戦、3年連続ロストックと戦うシュトゥットガルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これから新たなシーズンの最初の公式戦となるドイツ杯初戦を迎える、VfBシュトゥットガルトだが、奇しくもその相手は3年連続まったく同じハンザ・ロストックだ。しかも2年前にはそこで敗退を喫し、昨年も1−0と何とか勝利をおさめているところ。ただいずれの指揮官ともに今はクラブを後にしているが、それでもベジェグリーノ・マタラッツォ監督は「厄介な相手だよ」との見方を示した。

 さらに「激しい試合となることだろうね」と予想を述べたアメリカ人指揮官は、「ロストックは守備面で非常に力強く、そしてプレスの状況ではヴァリエーションをもって対応することが可能だ」と分析。「確かに我々が下馬評では優位にたってはいるだろうがね、ただこういう状況は2部時代から知っているものだよ」と警戒心を見せている。

 なおこの試合でシュトゥットガルトは、負傷のためにチーム得点王ニコラス・ゴンザレスに加え、エリック・トミーも負傷のために欠場。さらにボルナ・ソーサも「膝に問題を抱えて代表から戻ってきた。ロストック戦はオプションにはならない」という。一方でロベルト・マッシモグレゴール・コーベル、そしてマーク=オリヴァー・ケンプについては、すでにチーム練習へと復帰しており、「良い印象を受けているし、日曜日はオプションになると思う」との見通しを語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報