ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月14日

シュトゥットガルト、モラは1月まで離脱?

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトは、クリントン・モラ不在の中で、ブンデスリーガ開幕戦を迎えることになる。今冬にFCチェルシーから加入した19才のサイドバックは、臀部に問題を抱えているところであり、いまだ復帰の目処は立っていない。

 「まだそれを予想するのは難しいんだ。」とスウェン・ミスリンタト競技部門代表は、ドイツ通信社に対してコメント。「昨季のボルナ・ソーサの骨髄浮腫に似たようなケースなんだ」と言葉を続けている。

 先日行われたドイツ杯初戦ハンザ・ロストック戦にて、膝の問題で欠場が発表されていたクロアチア代表については、ブンデス2部時代だった3月終わり離脱が続いているところだ。モラも同様の展開が見込まれているのか?

 「急転もあれば3〜4週間で済むかもしれないし、時間が自かかるなら1月まで様子見からもしれない」とミスリンタト氏。「もちろん選手にとっては、期間が設けられない中で別メニューをこなすことはありがたいことではないだろうが」

 コロナ危機によるリーグ戦中断からの再開後、モラはマタラッツォ監督より先発として起用されており、kicker採点平均では3.21をマーク。なおロストック戦の左側の守備形態は、3バックの左にケンプ、そしてサイドバックに決勝点を決めたウィンガー、ワマンギトゥカが起用された。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報