ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月24日

シュトゥットガルト、遠藤航をリベロで起用か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトが1.FSVマインツ05とのアウェイ戦で勝利をおさめたのは、今から15年も前にまで遡らなくてはならない。「私はそのことは気にしていないよ。当時はいなかったのだから」と語ったペジェグリーノ・マタラッツォ監督は、「非常に直線的で、カウンタープレスはアグレッシブ」なチームを相手に「厳しい戦いが待っている。一致団結して良いパフォーマンスをみせなくては」と要求を述べた。

 ただこの試合でも引き続き、シュトゥットガルトでは内転筋付近に負傷を抱えるコンスタンティノス・マヴロパノス、骨髄浮腫をかかえるフィリップ・フェルスターについては「まだ間に合わない」とのこと。それでも指揮官は開幕戦となったフライブルク戦より、守備陣の変更を検討している。

 例えばそれは、この試合の終盤でみせたように、3バックの中心にいたマルチン・カミンスキの代わりに、遠藤航をリベロとして配置し、そしてそのカミンスキの代わりに投入され2−3と詰め寄る得点に絡んだ、FWササ・カラジッチを投入するパターンだ。「確かに、航を後ろに配置して、中盤にもう1枚を入れるというのは、良い考えかもしれないね」とマタラッツォ監督。おそらくそれはフィリップ・クレメントを指していることだろう。「適切な組み合わせを見出していくことが重要だ」
 
【9月26日22時半キックオフ】

マインツの先発予想:ツェントナー – R.バクー, シン・ジュステ, ニャカテ, ブロシンスキ – バレイロ, ラッツァ – ブルカルト, クアイソン, イッサー – マテタ

シュトゥットガルトの先発予想:コーベル – アントン, 遠藤航, ケンプ – P.シュテンツェル, クレメント, マンガラ, ワマンギトゥカ – カストロ, ディダヴィ – カライジッチ
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報