ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月22日

ケルン戦前日、遠藤航とコーベルが練習復帰

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にはバイエルン・ミュンヘンからセルゲ・ニャブリ、VfLヴォルフスブルクからヨシプ・ブレカロ、そして本日木曜日にはヴェルダー・ブレーメンの選手一人から、それぞれにコロナ陽性反応が確認されたブンデスリーガ。緊張感が高まる中で、VfBシュトゥットガルトのマタラッツォ監督は「少しずつ近づいてきた」と述べ「ある程度の不安はある」としつつも、「健康を保てるように全力を尽くしているんだ」と大袈裟に考えないことを強調した。「あれこれ考えすぎるのではなく、自分たちのやれることに集中する」

 その1つが、主力選手を一刻も早く復調させていくということだろう。とりわけ守護神グレゴール・コーベルと、中盤の要である遠藤航の2選手については出場に疑問符がついているところであり、コーベルは背中に、遠藤は内転筋に問題を抱えて休養していたものの、ただ本日木曜日に行われた練習では、再び練習場に姿をみせトレーニングに汗を流す様子が見受けられた。今節シュトゥットガルトでは第5節の幕開けを告げる金曜夜開催の試合で、1.FCケルンと対戦する。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報