ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月12日

シュトゥットガルト、ディダヴィの契約には延長オプションが付随

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCシャルケ04戦では90分間に渡って試合をベンチから長め、アイントラハト・フランクフルト戦では90分から出場。ブンデス1部復帰を果たした今季、VfBシュトゥットガルトにおいて開幕から5試合で先発出場を続けてきたダニエル・ディダヴィだったが、どうやら今のところは先発から降格してしまっているようだ。
 
 30才のプレイメイカーとの契約は来夏までのなっているものの、「一定の試合数をこなした場合に、契約が延長されるというオプションが付随している」と、スウェン・ミスリンタトSDはドイツの大衆紙ビルトが報じた内容を認めつつ、「春には来季について彼と話し合うことになるよ」とも強調。「それは同じく最終年度のカストロ、アル・ガディウィ、カミンスキについても言えることだ」

 ホルガー・バートシュトゥーバは?今季からはセカンドチームへと送致されている元ドイツ代表CBについて、以前にミスリンタトSDはトップチーム昇格の可能性を否定しており、改めてこれまで同選手が示しているその姿勢を称賛。「まさにプロであり、最大限にリスペクトしている」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報