ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月27日

ゴンザレス、遠藤航に続き、ソーサもシュトゥットガルトと延長

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ニコラス・ゴンザレス、遠藤航に続き、VfBシュトゥットガルトは前倒しする形で、ボルナ・ソーサとの契約を延長したことを発表した。これまで2023年までの契約を結んでいた同選手だが、新たな契約期間は2025年までに再設定されている。

 2018年にディナモ・ザグレブから移籍金800万ユーロで加入した左サイドバックは、非常に高い期待値を抱かれながらも負傷などの影響もあり、浮き沈みの激しい時間を過ごすことに。ブンデス復帰を果たした今季は、ここまでリーグ戦の半分に相当する4試合で先発出場、kicker採点平均3.5をマークしているところだ。

 スウェン・ミスリンタトSDは「彼のもつテクニック、スピード、理解度によって、彼はうちの攻守両面において非常に重要な存在となっている」と評価。「まだ若いが非常に成熟しており、近い将来で更なる成長も見込んでいる。うちのプレーにおける重要な要素となってくれるはずだ」と期待感を示した。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報