ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月27日

シュトゥットガルト混沌化!フォクト会長が独断で総会中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトへ安息の日が訪れることは、少なくとも当分は見込むことはできないだろう。クラウス・フォクト会長は会長選挙も含まれる、3月に予定されていた総会を自身の権限を行使する形で、中止とすることを明らかにした。

 とりわけシュトゥットガルトではデータに関する問題案件などの問題を抱えており、ヒツルスペルガー競技部門取締役が、同会長への批判を展開。その後に謝罪したものの、現会長を相手に会長選へと立候補するなど異例の事態へと発展を見せているところだ。

 そんな中で、同氏によれば「クラブと会員の皆様のメリットを踏まえた時、バーチャル形式による総会の実施では、オープンかつ透明性をもった形で、誠実に直接言葉をお伝えしていくというこことができない」と判断したことを説明。

 そして9月5日に予定されている総会と統合しての開催についても提案しているのだが、ただベルント・ガイザー氏やライナー・ムチュラー氏ら「役員の意に反して」独断での中止決定であることも明かしており、今後さらにこの状況が混沌化していく可能性があるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報