ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月30日

ゴンザロ・カストロ、ブンデス400試合目は負傷交代

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜夜に行われたVfBシュトゥットガルト戦は、試合後スウェンソン監督が「ぶつかり合い」との言葉で表現する戦いがピッチ上で繰り広げられ、その結果マインツ側ではロビン・クアイソンが、そしてシュトゥットガルト側ではブンデス400試合目を迎えた主将ゴンザロ・カストロが、それぞれ負傷により交代を余儀なくされていた。

 そしてその翌日となった土曜朝に、33才のベテランMFが精密検査を受けた結果、左大腿裏へ筋損傷を抱えていることが判明。クラブ側の発表によれば離脱期間については、およそ2〜3週間がみこまれているという。そのためペジェグリーノ・マタラッツォ監督は、グラードバッハ戦、そしてヘルタ・ベルリン戦でも、同選手不在での対応をすることになる。
 
 今季よりチームと共にブンデスの舞台へと戻ってきた中盤のオールラウンダーは、ここまでリーグ戦18試合中17試合に出場して3得点1アシスト、kicker採点平均3.37をマークしており、前半戦のポジション別ランキングでもトップ下部門10位にランクされるなど、主力として活躍をみせているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報