ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月25日

シュトゥットガルト、ワマンギトゥカをシャルケ戦で休養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後にはブンデスリーガ最下位に甘んじている、FCシャルケ04戦へと臨む、VfBシュトゥットガルト。だがペジェグリーノ・マタラッツォ監督はこれに先駆け行われた会見にて、サイラス・ワマンギトゥカに休養を与える考えを明らかにした。それは彼自身が「メンタル的にフレッシュさ」とより必要とするタイプであり、「常にコミュニケーションをはかり、その行動に注意を払う」結果、その軽快さが失われている影響を与えているのは「試合数の多さ」だと指摘。そのためドイツ杯の時のように「休養を与えることは、彼のためになる」との判断を下したようだ。

 ただしシュトゥットガルトにとってはこれは、チーム最多得点を記録するワマンギトゥカ不在というだけでなく、負傷離脱中でチーム2位の得点数を誇るニコラス・ゴンザレス不在でシャルケ戦へと臨むという意味にも。母国で治療に励んでいた同選手は、月曜に「アルゼンチンからフィジオを帯同する形」で復帰。「順調な回復をみせている」ところであり、あと「2〜3週間後」での復帰を見込んでいることを明かした。さらにシュトゥットガルトでは、エリック・トミーが「股関節屈筋を痛めて、数週間欠場する」とのこと。またタンギー・クリバリーも膝の負傷により、今節の出場が危ぶまれている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報