ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月25日

シュトゥットガルト、グラードバッハのGKコーチに関心

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季ここまで昇格組として奮闘をみせているVfBシュトゥットガルトでは、その一方で来季にむけGKコーチの補強も視野に入れており、現在はボルシア・メンヒェングラードバッハのシュテッフェン・クレブス氏に関心を抱いている模様。

 2018年夏からボルシア・メンヒェングラードバッハに在籍する37才にとって、これは古巣への帰還を意味することにもなる。バート・カーンシュタットに生まれた同氏は、2009〜2015年までシュトゥットガルトのユースチームにて指導していた背景があり、U14からスタートしてU17、そしてU19も担当した。

 それからホッフェンハイムへと移籍したクレブス氏は、2015〜2018年にかけて主にU19とU23、時にはトップチームでもGK指導を担当。その時に現在シュトゥットガルトにて監督を務めるマタラッツォ氏、そして先発GKを務めるグレゴール・コーベルと密な時間を過ごすとになる。

 仮にシュトゥットガルトへの移籍するとなれば、クレブス氏はウーヴェ・ゴスポダレク氏と並び、2人目のGKコーチということに。2019年にマタラッツォ監督の前任者であるヴァルター前監督時代に就任した同氏との契約は、2022年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報