ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月29日

シュトゥットガルト、ラストスパートに向け4日間休養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトのベジェグリーノ・マタラッツォ監督は、これからシーズンの残り4分の1を迎えるにあたり、今回の代表戦期間を利用して4日間の休養を選手たちへ与えた。

 これは心身ともにフレッシュな状態で、残り8試合へと臨むためであり、2部ヴュルツブルクとのテストマッチからフリーへ。火曜日から再びリーグ戦ブレーメン戦に向けた準備を開始する。

 だがその一方で負傷からの回復を目指す選手などについては、休日返上でリハビリなどに努めているところであり、膝の問題でU21代表参加を取りやめたボルナ・ソーサは、軽めのランニングメニューをこなしつつ火曜から負荷を増加。週末の出場を視野に準備を進める姿が見受けられた。

 ただし大腿筋を負傷したオレル・マンガラ、そして靭帯結合部を損傷したハマディ・アル・ガディウィについては、まだ実戦復帰まではしばらく時間がかかることだろう。なお十字靭帯を断裂したサイラス・ワマンギトゥカについては、今週中に手術を受ける見込み。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報