ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月01日

シュトゥットガルト、マッフェオは引き続き移籍却候補に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かにレンタルから復帰したパブロ・マッフェオに対しては、VfBシュトゥットガルトではこれから再び、自分の力を証明するための機会が与えられることが約束されてはいるものの、それでも同選手の獲得を希望するクラブが現れるならば耳を傾けることになるだろう。

 そしてkickerが得た情報によればスペイン2部降格を喫した、マッフェオのレンタル先であるウエスカが、引き続きマッフェオに関心を抱いているという。しかしながら500万ユーロに設定されていた買取オプションが行使されていないように、あくまで2023年まで契約を残すマッフェオの再レンタルがテーマとなっているようだ。

クラインハンスルが3部オスナブリュックへ

 
 その一方でシュトゥットガルトは木曜、フロリアン・クラインハンスルがこれから、ブンデス3部降格を喫したVfLオスナブリュックへと移籍することを発表した。これまでセカンドチームを主戦場としてきた20歳の左サイドバックは、新天地では背番号3を身につけてプレーする。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報