ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月17日

ACミラン、チェルシーからオリヴィエ・ジルー獲得を発表

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 キャリアの晩年に入りオリヴィエ・ジルーは、更なる出場機会を求めて、チェルシーFCからACミランへの移籍を決断した。

 トーマス・トゥヘル監督が就任したシーズン終盤では、あまり機会を得られていなかった34歳のストライカーは、アーセナル(5年半)、チェルシー(3年半)でのプレミア時代にピリオドを打ち、これからはセリエAでの新たな挑戦に挑む。

 そこでは間も無く40歳になるズラタン・イブラヒモヴィッチを補完する存在としての期待がなされることに。それと同時にこれまでACミランから関心が伝えられていた、VfBシュトゥットガルトのサシャ・カライジッチに対する興味は当分の間、鎮静化をみせることにもなるはずだ。

 ジルーはこれまで4度のカップ制覇(アーセナルで3度、チェルシーで1度)、ヨーロッパリーグ優勝(チェルシーで2019年)、そしてこの夏にはチャンピオンズリーグ優勝を果たしており、アーセナルでは253試合(105得点)、チェルシーでは119試合(39得点)に出場していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報