ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月18日

シュトゥットガルト、コロナ禍もやりくりで1220万ユーロの赤字のみ

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われた総会にてVfBシュトゥットガルトは、2020年から2021年6月にかけての赤字総額は、およそ5600万ユーロであったことを報告。

 その主な原因は無観客開催によるものであり、ただ本来ならば約7400万ユーロの損失であったところを、サラリーの一部返上など節約政策によって1800万ユーロ分緩和された結果だという。

 加えてこの夏の高額な選手の売却により、2020/21シーズンは売上高1億4040万ユーロを計上。まだ確定ではないが、現時点においては1220万ユーロほどの赤字を見込んでいるところだ。

 ケラー暫定CFOは「良い仕事ができた」と強調。そして「通常の状況へと戻ったその時から、再び利益を計上し、この危機的状況からむしろ力強く抜け出してみせる」ことを誓った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報