ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月15日

シュトゥットガルト、ASモナコから若手ミローを獲得

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昇格組グロイター・フュルト戦にて見事なブンデスリーガ開幕戦を終えた後、VfBシュトゥットガルトはそれから間も無くして、この夏の更なる戦力補強について発表を行った。既報通りフランスから若手選手、エンツォ・ミローを迎え入れている。

 ASモナコにて育成された19歳は、中盤を主戦場とし特にオフェンス面で強みをもつ選手。2022年まで契約を残していたため、シュトゥットガルト側は獲得に際して移籍金150万ユーロを投資。今回は4年契約を締結した。背番号は8。

 ミスリンタトSDは、「エンツォはその若さにもかかわらず、1年以上に渡ってASモナコの一委員としてメンバー常連となり、そこでプロの世界で貴重な経験を積んできた」と評価。「我々との話し合いでは、当初から明確に、次のキャリアのステップアップをここ、シュトゥットガルトで踏みたいと語ってくれていたよ」とも明かしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報