ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月23日

シュトゥットガルトに悲報、カライジッチが年内離脱も

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 精密検査の結果で得られた、サシャ・カライジッチの診断結果は、先日にVfBシュトゥットガルトのミスリンタトSDが望んでいたものとは、異なるものとなってしまった。その際には今回負った脱臼から、手術を回避して治療を行うことができれば、代表戦期間明けとなる3週間後にも復帰への期待感を示していたものの、残念ながら損傷の度合いは深刻なものとなっている。

 クラブによれば同選手は、「おそらく年末まで」は離脱を余儀なくされる見通しであり、近日中にも手術をうける予定だという。「サシャの負傷は、我々にとって大きな痛手だ。」とミスリンタトSDはコメント。「彼はうちにとって中心的な役割を果たしており、その前向きな性格からも重要な要素となってくれている。ただ手術による長期離脱は避けられないため、これから長く彼不在のまま過ごして行かなくてはならない」と肩を落とした。

 そのため確かなことはこれからシュトゥットガルトでは、昨季にブンデスリーガ16得点をブレイクを果たし、この夏にはビッグクラブからの関心も寄せられていた若きオーストリア代表FWの穴埋めに向け、残された夏季市場において更なるストライカーを模索していくということにはなるのだが、コロナ禍にあってミスリンタトSDは先日、「ただ我々の予算に見合ったもの」であることもまた強調している。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報