ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月31日

シュトゥットガルト、ティアゴ・トマス獲得を発表

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 オフェンス面の強化を目指すVfBシュトゥットガルトは、スポルティング・リスボンからティアゴ・トマスを獲得した。19歳のストライカーはひとまず、2023年までの期限付きにて加入。レンタル料は50万ユーロながら、kickerが得た情報によれば1500万ユーロの買い取りオプションも確保しているようだ。ちなみにスポルティングとの契約は2025年まで。

 「我々はティアゴの成長を、長期にわたりチェックしてきた。我々のオフェンス面において柔軟性を増してくれる存在。昨季はスポルティングでポルトガル1部を制しており、リーグカップ戦でも優勝していた。CLでの出場を果たして実力を示している」と評価。「シュトゥットガルトへの入団を決意してくれたことを非常に嬉しく思っているよ」と喜びを述べている。
 
 一方でティアゴ・トマスは移籍にあたり、「ブンデスリーガは非常に厳しいリーグだ」とコメント。「新しいチームの助けとなれるように最善を尽くすよ」と決意を表明し、「シュトゥットガルトは素晴らしい歴史をもつ、ドイツのビッグクラブの1つだよ」との印象も語った。

 フィジカルとスピードに長けたセンターフォワードとして期待される同選手だが、その背後や両ウィングでもプレーが可能ではあるものの、ただこれまではリーグ戦48試合に出場して3得点、ポルトガルU21代表では6試合で1得点と、まだその決定力を示すことはできていない。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報