ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年08月02日

シュトゥットガルト、プファイファー獲得。カライジッチの去就は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトは既報通り、デンマーク1部FCミッティランからルカ・プファイファーの獲得を発表した。かつてはシュトゥットガルター・キッカースやTSGホッフェンハイムなどに所属していた同選手は、今回は2026年までの契約にサイン。これによりシュトゥットガルトとしては、まだ去就が不透明なサシャ・カライジッチの移籍に備えた準備も整えることができたことになる。

 ミスリンタトSDが「ルカは以前にブンデス2部で非常に成功をおさめていたストライカーだ」と述べているように、かつてダルムシュタットへのレンタル移籍中にはリーグ戦32試合に出場して17得点6アシストをマーク。「その決定力、運動能力、そして国内外で積み上げてきた経験値は、我々のチームに完璧にマッチするものだよ。今回獲得に至ったことを嬉しく思う」と喜びを述べた。

 一方で、シュトゥットガルトが州都であるバーデン・ビュルテンベルク州出身の同選手は「故郷に戻ってこれて本当に嬉しいよ」と明かしており、「シュトゥットガルトはこの地域において大きな存在感をもつクラブ。子供の頃からここのスタジアム、そしてファンに魅了されてきた。だからこそ移籍が成立して本当によかったと思うyよ。ブンデスでの挑戦を楽しみにしているし、いよいよ始まるという感じ。ワクワクしているところさ」と意気込みをみせている。


 それではカライジッチの状況はどうか?プファイファーが早速明日から練習参加が見込まれている一方で、オーストリア人FWはドイツ杯前にマタラッツォ監督がブンデスリーガ開幕戦「ライプツィヒ戦でのカライジッチの出場は現実的」としていたものの、いまだ足首の問題で個別調整を続けているところ。同じく去就が注目されるボルナ・ソーサについても内転筋の問題に悩まされてきたが、「水曜日からチーム練習人参加する」見通しだという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報