ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月26日

昇格組ボーフム、パダーボルンからアントウィ・アジェイ獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 来季よりブンデスリーガへと昇格するVfLボーフムは、既報通りクリストファー・アントウィ・アジェイを獲得した。27歳のガーナ人選手は、契約満了に伴いフリートランスファーでの獲得となっており、新たに2024年までの契約を締結している。

 疾風の如く駆け回るウィンガーは、まさにボーフムが求めていた選手像にマッチするものであり、ハーゲン出身の同選手は2017年からSCパダーボルンにてプレー。2018年にはブンデス2部、そして翌年にはブンデスリーガへと昇格を果たしていった。

 「クリストファー・アントウィ・アジェイはそのダイナミズムをチームへともたらしてくれることだろう。攻撃的ポジションでは複数のポジションでプレーが可能であり、またブンデスリーガでの経験も持ち合わせている。今季も2部にて相手守備陣を苦しめていたよ」と、シンジーロルツ競技部門取締役は評価。

 一方で「ボーフムで迎える新たな挑戦」に燃えるアントウィ・アジェイは、「この伝統あるクラブと契約し、そしてこの美しいスタジアムでたくさんの試合に出場したい。早くその姿をファンの皆さんにみてもらえたらと思う」と意気込みをみせた。

ブルームとパントヴィッチが延長

 さらにボーフムはダニー・ブルーム、そしてミロシュ・パントヴィッチとの契約延長を発表した。30歳のブルームは今季24試合に出場して4得点5アシストをマーク。一方のパントヴィッチは31試合に出場して4得点3アシストをマークしており、共に自動延長という形で1年間更新されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報