ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月14日

昇格組ボーフム、攻撃の軸ロベルト・ジュリの退団を発表

VfLボーフム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLボーフムは、トップスコアラーとしてブンデス1部復帰に大きく貢献していた、ロベルト・ジュリの退団を正式に発表した。今季15得点15アシストをマークした同選手は、kickerが得た情報によれば1年半の在籍期間を経て、UAEのアル・イテハド・カルバへと渡る模様。

 ボーフムのシンジーロルツ競技部門取締役は「ロベルト・ジュリはその契約に明記されているオプションを行使すると我々に伝えた」と説明し、「当然、この決断を残念に思うが、ただそれと同時に契約について尊重する。ロベルトと共に目標を達成できたことは嬉しく思うし、これからも我々の繋がりは保たれつづけていくよ。今後の活躍を祈っている」とエールを贈っている。

 一方のジュリは自身のインスタグラムにて長文の声明を掲載しており、ファンや同僚、コーチ、スタッフらへの感謝の気持ちを記しながら、「シンジーロルツ氏には特に感謝している。彼のおかげであの時の移籍が実現したし、そして今回は僕の退団をとてもフェアに扱ってくれた。感謝しているよ」と綴った。なお今回の退団によってボーフムが手にする金額は、わずか40万ユーロとみられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報