ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月14日

ボーフム、新たに3コーチ招聘。ハイネマンACが復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ昇格組として新シーズンへと臨むVfLヴォルフスブルクは、新たにコーチングスタッフへ3人を加えることを発表した。その中にはかつてトップメラー監督、ノイルーラー監督、そしてコラー監督の下でACを務めていた、フランク・ハイネマン氏の復帰も発表。ゲルハウス両ACと共にライス監督の脇を固める。

 2019年10月まではユルディンゲンにてACを務めていた同氏について、シンジーロルツ取締役は「彼は誰よりもボーフムのことを知る人物」と評価。「彼は非常に豊富な経験を有しており、それを選手たちや若手との日々の取り組みの中へもたらしてくれることだろう」と述べた。

 さらにボーフムではルーカス・カーン氏(32)が新たにアスレティック担当に、そしてベネディクト・オッペンホイザー氏(32)がリハビリ・予防担当に就任することも併せて発表。「我々の目的は選手のニーズへ、さらに個別に対応していきたいということ。プレー面でもアスレティック面でも、予防の面においてもね」と、3人の新戦力への期待感を示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報