ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月23日

浅野拓磨がブンデス復帰、昇格組ボーフムへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 浅野拓磨がブンデスリーガへと戻ってきた。新シーズンから昇格組としてブンデスリーガの戦いへと臨むVfLボーフムは、26歳の日本代表FWと2024年までの契約を締結したことを発表。

 シンジーロルツ競技部門取締役は「浅野拓磨が入団を決意してくれて嬉しい。国際的な経験をもち、そしてブンデスリーガとドイツのサッカーを知っている選手だ」とコメント。「攻撃的ポジションで複数起用でき、決定力もある。日本代表での活動後の休暇を認めているので、合流時期は7月になるだろう」と付け加えている。

 2016年にFCアーセナルからレンタルで、VfBシュトゥットガルトへと加入し、2年間プレーした後にハノーファー96では原口元気と共にプレーしていた同選手は、ブンデス2部26試合で4得点、1部では28試合に出場して1得点を記録。2019年より完全移籍という形で戦いの舞台をセルビア、パルチザン・ベオグラードへと移して2年間プレーしていた。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報