ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月24日

ボーフム、体調不良で離脱のボックホルンから、コロナ陽性反応が確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日にVfLボーフムの「南チロルの夏季合宿地を離れ、その後に検査を受けていた」ヘルベルト・ボックホルンから、コロナ陽性反応が確認されたことがクラブ側より発表された。合宿に向かった際には陰性だったものの、ただ微熱と倦怠感を訴えていた。

 なお「南チロルの現場で行われた検査の結果で異常は認められなかった事、そして今回とった対応を踏まえ、担当当局からはボーフムの練習、そして試合の運営を中断する理由はないと判断している」とのこと。

 また土曜日には今回の合宿最後の練習を行い、夕方5時にはブレッサノネにてFCトリノとのテストマッチが予定されているところだが、長期離脱の影響で復調をめざすダニー・ブルーム、筋肉系の問題で休養中のマキシム・ライチュ、そして半月板損傷のためミヒャエル・エッサーも欠場となる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報