ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月17日

ボーフム、左ウィングに課題。浅野を左へスライドも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季はブンデス昇格組としてシーズンに臨んでいる、VfLボーフム。だが特に左ウィングに関しては大きな問題を抱えているところであり、前節のホッフェンハイム戦では開始直前にダニー・ブルームが、大腿に負傷を抱えて交代を余儀なくされており、代わりに投入されたゲリット・ホルトマンは先日、股関節の手術を受けたところ。

 そのためライス監督は週末のレヴァークーゼン戦に向けて、左ウィングのオプション2つを欠いた状況で、戦いへと臨むことを強いられたのだ。単純な入れ替え策としては、クリストファー・アントウィ・アジェイの投入が考えられるだろう。またポリバレントなヘリベルト・ボックホルンも同様の起用法が考えられるが、だが内転勤の負傷から回復間もない同選手については、練習試合で1時間ほどプレーしているとはいえ、まだ回復途中段階にあるところ。

 別のオプションとしては、浅野拓磨を右ウィングから左ウィングへとスライドし、そして右ウィングにスペースを空けてそこに、ミロシュ・パントヴィッチのような別の候補者を挙げることもできるだろう。ただそのオプションを検討していくためにはまず、火曜夜にワールドカップ予選オマーン戦を終えてドイツに戻ってくる、日本代表FWのフィジカルコンディションを確認しなくてはならない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報