ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月10日

ボーフム、ディナモ・モスクワからイヴァン・オルデッツ獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLボーフムは新たにセンターバックの補強に成功した。イヴァン・オルデッツと1年契約を締結。195cmのウクライナ人選手は、現在もディナモ・モスクワとの契約下にあるものの、ロシアでプレーする海外選手についてはFIFAの特別規定によって、1年間での国外でのプレーが承認されている。

 特に今回の侵攻で影響を受けたドネツクに生まれ、ディナモ移籍前の2019年までシャフタール・ドネツクでプレーしていたオルデッツは、2月のロシア侵攻後にモスクワから出ており、シャフタール時代ではウクライナ王者2度、カップ戦優勝3回、またウクライナ代表としては12試合でプレー。

 ボーフムのシンジーロルツ競技部門取締役は、「イヴァン・オルデッツは長身かつ身体能力も高く、空中戦でも地上戦でも対人戦に強い選手だ。できるだけ早くチームに馴染めるようにしていきたい」とコメント。まさにそれはこれから南チロルにて開始するサマーキャンプが絶好の機会といえるだろう。
 
 その一方でボーフムでは左SBモリッツ・レムリング(21)と、昨季最終節でブンデスデビューしたFWルイス・ハルトヴィヒ(19)のサマーキャンプ帯同が見送られた。両者ともにこれから新天地を模索することとなり、前者は昨季債務超過に陥ったテュルクギュジュ・ミュンヘンにレンタル移籍していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報