ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月02日

アロフス氏に親会社から批判の声

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imago26417627h_8-1480700719
ヴォルフスブルクの親会社であるフォルクス・ワーゲン社の役員の一人が、匿名ながらドイツ通信社に対し、排気ガス不正問題に揺れた1年とともに、「ヴォルフスブルクのプレーも散々たるものだ」とコメント。

その責任者としてアロフス氏を名指しし、「若手育成をうたいながら、実際にやっているのはスター選手の獲得だ」と批判を展開した。

これに対してアロフス氏は、「匿名で言われてもね」と困惑した様子をみせたものの、いずれにせよこの不振がつづけば自らの進退を問われる声が強まっても致し方ないだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報