ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月08日

クノッヘ「自分のことより今はチームのこと」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨季の後半戦ではCBの定位置を確保し、今夏にはチャンピオンズリーグ参加クラブであるグラードバッハからの関心も寄せられていたロビン・クノッヘ。

今季は開幕から2試合で先発を務めるも、大腿筋の負傷と自身の不調から3〜5節まで欠場が続いたが、第6節からは再び4試合連続で先発。

「これでプレーできる」と思った矢先に監督交代という憂き目にあい、「異なる哲学をもっていて、ロドリゲスをCBとして起用するようになった。でも厳しい判断でも状況は受け入れるしかない」と語った。

だが前節のベルリン戦では、イスマエル監督はロドリゲスを再び左サイドへとスライドし、クノッヘが久々に先発復帰。2度リードを奪うなど有利な展開で試合を進めながらも、最後は力尽き、自身にとってもアピールの場とはならなかった。

なおヴォルフスブルクとの契約は今季いっぱいまでとなっているが、「今は自分のことは考えていない。別のほうが問題だよ」とクノッヘ。

延長のポイントととなるのは何よりも将来性だ。そしてそれはできれば、ヴォルフスブルクで主力の座を取り戻し、チームとともに成功を収めるという形で実現したいものだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報