ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月09日

指揮官、ドラクスラーの起用の明言を避ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1481207621
ベルリン戦で痛恨の逆転負けを喫し、ついに15位転落と、降格圏内まであとがなくなったヴォルフスブルク。そんな中で迎える今節は、王者バイエルンとのアウェイ戦だが、イスマエル監督は「これほど難しいタスクもそうはないだろう。1つのチャンレンジだよ」とコメント。

自身の進退問題についても浮上しているが、「興味のない記事は読まないようにしている。チームからの信頼を感じているし、それが何よりものことだ。この状況を打開するよ」と意気込みをみせた。


なお現在浮上している公認候補は、先日までハンブルクを率いていたブルーノ・ラバディア氏や、現在ハダースフィールドを率いているダヴィド・ワグナー氏など。さらにマネージャーのアロフス氏の進退問題も挙がっており、こちらには元シャルケのホルスト・ヘルト氏が有力な後任候補と目されているところだ。

さらにヴォルフスブルクではドラクスラーの移籍問題でも揺れているが、このことについてイスマエル監督は「議論に加えある気はない。クラブはどの選手もサポートするし、決断は最後に下すよ。ただユリアンはいい練習をしている」との見方を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報