ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月09日

若手3人に期待を込めるグラードバッハ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hecking8-1483878064
監督交代でチャンスを模索するのは、何もここまでベンチに甘んじていた選手たちだけではない。今冬のキャンプにユースから参加している若手選手たちも、トップチームでの出場に向けてアピールに燃えているところだ。

マネージャーのエベール氏は「ソウ、ドゥクレ、ベネスといった選手たちは、昨季に経験をつかんだし、まだまだ伸びしろがあるというメリットもある。彼らがブンデスへの階段を駆け上がると確信している」と期待を込めた。

「ぜひ既存の選手たちにプレッシャーをかけてもらいたいところだね」

2015年にグラードバッハに加入した19歳のソウは、10月に行われたポカールでトップチームデビューをはたしており、パワフルさとシュート力がうりの期待の若手だ。

ベネスは豊富なトリックをもつテクニシャンであり、ドゥクレはパリサンジェルマンから加入した期待の若手DF。

グラードバッハではエルヴェディやクリステンセンなど非常に若い年齢で主力を担うケースも珍しくなく、今冬から指揮をとるへっキング監督は「若手は印象深いね。驚かされているし、これからサプライズもあるかもしれないよ」との考えを示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報