ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月25日

レッベ氏「ニーダーザクセン州の頂上決戦だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


シーズン途中に監督交代を行い、それ以来5試合続けて無敗を継続しているヴォルフスブルク。そのなかには王者バイエルン・ミュンヘンが含まれていることを思えば評価できるものではあるが、しかしながらそのいずれもがドローということもありなかなか下位から抜け出せない状況が続いている。

そんななか、水曜日にはドイツの国内カップ戦DFBポカール2回戦が控えており、相手は同じニーダーザクセン州のハノーファーということからも注目を集めているが、今季に1部へと復帰した昇格組について、マルティン・シュミット監督は「順位表では相手が上回っているし、我々にはまだ課題が山積みということ。今は彼らの方が1歩先にいるよ」とコメント。

だが一発勝負であるこの試合では是が非でも勝利を収めたいところであり、「我々が優勝を果たしてからさほど時は立ってはいない。信じる気持ちを失うことなく戦っていくということ。ただ決勝の地を目指すのではなく、優勝を目指すということだ」と意気込みをみせ、オラフ・レッベSDは「これはニーダーザクセン州の頂上決戦だ」と語った。

なおこの試合ではシュミット監督は、選手のローテーションを行う考えを示唆しており「選手の負担や走力などをチェックしていく」と説明。負傷から復調したアンソニー・ブルックスをはじめ、週末に途中出場したマリオ・ゴメスらにも、先発のチャンスが与えられる可能性はあるだろう。

ヴォルフスブルクの先発予想:カスティールス – フェルハーフ, ティスランド, ウドゥオカイ, G.イッテル – カマチョ, アーノルド – ブラスチコフスキ, ディダヴィ, オリジ – ゴメス


  • ブンデスリーガ・各チーム情報