ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

ヴォルフスブルク、肩負傷のシュテッフェンは打撲のみ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたボルシア・ドルトムント戦にて、途中から出場したレナト・シュテッフェンだったが、その後に肩を負傷して治療。最終的には最後まで懸命にプレーし、2つの意味で痛い敗戦を喫することになってしまった。

 そして初期診断の結果では、同選手の肩には特に骨折などは見受けられておらず、月曜日に受けた精密検査により、左肩に打撲を受けたのみで済んだことがクラブ側より発表。大事には至らなかったが離脱期間については、まだ特に明かされてはいない。

 今季シュテッフェンはここまでリーグ戦10試合すべてに出場しており、2得点をマーク。うち1試合でフル出場、途中出場2試合のうちその1つが週末のドルトムント戦だった。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報