ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月08日

古巣ハノーファー戦での復帰を願う、フェリックス・クラウス

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  
 ここまでまだ全く出場機会を得られていない、今季の新戦力のフェリックス・クラウス。最後にクラウスがプレーしたのは今年の4月14日に行われたハノーファー時代での第30節vsシュトゥットガルト戦であり、内転筋を負傷したことからその後は欠場。そしてヴォルフスブルクに移籍したが、その準備期間にて負傷を抱えここまで離脱が続いている。

 そんななか、週末にはその古巣ハノーファーとの対戦が控えているところだが、クラウスは「できれば、ここでメンバー復帰したいところだね」とコメント。「15分程度であれば」プレーは可能との見通しを明かした。既にチーム練習復帰も果たし、恥骨にも問題はない。

 なお主戦場とする右サイドバックでは、今夏にはリヨンからコルネ獲得を目指すも失敗、開幕当初はシュテッフェンが好調だったが失速、メーメディは中でのプレーを好み、ブラスチコフスキは背中に問題を抱えている状況にあり、クラウスは遅くとも代表戦後には復帰、その前に行われるパダーボルンとのテストマッチでは、フル出場を果たすことだろう。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報