ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月28日

ヴォルフスブルク、3選手不在のなか乳酸テストを実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ライプツィヒ戦で勝利をおさめた、その三日後。ヴォルフスブルクのブルーノ・ラバディア監督は、今冬の準備期間を視野にいれて乳酸テストを実施した。「今度の試合は日曜日にあるからね、良いタイミングだと思うよ」

 いかに選手たちが体調を整えていくのか、個別にどう取り組んで今冬の休暇に備えるべきなのか?そのことを知るために、この計測値は大いに役立つものだ。「どう休暇へ、そして準備期間へと入っていくのかをみてみたいんだ」

 ただし今回のテストでは、3選手の姿が見受けられなかった。アドミール・メーメディはライプツィヒ戦にてふくらはぎに打撲を受けており、アンソニー・ブルックスは内側側副じん帯を過度伸展、さらにジェフリー・ブルマについては個人的な理由により不在となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報