ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月29日

フランクフルトを警戒するラバディア監督「オフェンスは凄い」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節ではライプツィヒを相手に、1−0と勝利を収めることに成功したVfLヴォルフスブルク。残留争いからの脱却へ一歩前進したことで落ち着いた雰囲気もみられたが、しかし次節の相手は今季3位と好調のアイントラハト・フランクフルトだ。

  「フランクフルトは自分たちのシステム、そしてプレースタイルを見出せている」と語った、ブルーノ・ラバディア監督は「オフェンスに関してはものすごいものがあるよ」と賞賛。「ライプツィヒ、ドルトムント、グラードバッハ、そしてフランクフルトが今、波に乗っているクラブだと言えるだろうね」と言葉を続けている。

 しかしその前節ではそのライプツィヒを相手にホーム戦で勝利。戦術面、プレー面、メンタル面でも納得のパフォーマンスを披露。「もしもこういった戦いができれば、我々はそう簡単にはやられないよ」

またこれまでヴォルフスブルクはフランクフルトとのアウェイ戦で通算7勝をおさめており、これはブレーメンでの9勝に次ぐ好成績だ。加えて最近の12度のフランクフルトでのアウェイ戦ではわずか2敗。最近10試合の直接対決でヴォルフスブルクは常に得点をマークしているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報