ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月02日

ヴォルフスブルク、フランクフルト戦から主将ギラボギが復帰

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季の開幕戦FCシャルケ04戦で、右膝の後十字靭帯を断裂し長期離脱していたジョシュア・ギラボギが、日曜日に行われるフランクフルト戦からメンバー復帰を果たした。

 10月半ばには母国フランスでのリハビリを終えて、ヴォルフスブルクで復帰を目指してきた28才のボランチ。「気持ち的には準備はできている」と、その時に語ってはいたのだが、しかし体の方はチーム練習復帰で筋肉系に問題をかかえここまで離脱。

 しかし12月2日に行われるフランクフルト戦からは、ヴォルフスブルクはキャプテンと共に試合に臨むこととなった。なおここまでフランクフルトはリーグ戦3位と大きな飛躍をみせており、一方のヴォルフスブルクは10位ながら前節は強豪ライプツィヒから勝利を収めている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報