ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月05日

ようやく今季最初の出場機会が巡ってくるフェルハーフ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節でウィリアムが累積警告を受けたために、今節では久々の先発出場が見込まれている、VfLヴォルフスブルクのパウル・フェルハーフ。昨夏に長年主将を務めたFCアウグスブルクから、さらなる飛躍を期して加入しリーグ戦31試合に出場するも、今季は新戦力のウィリアムの影に隠れてここまで未出場。

 「当然、選手としてチャンスを期待しているところさ」と語った35才のベテランサイドバックは、前節では「累積警告になったことは気づかなかった」とのことだが、「今季最初の出場機会は得られることにはなるだろう」ともコメント。

 ここまでの厳しい状況については「準備期間のあとで、監督が下した決断であり、それはウィリアムに軍配があがったということ。それがここまで見られていることさ」と述べ、それを受け入れた上で「同僚のサポートやいい雰囲気づくりを作れるようにしている」ところであり、移籍の考えについては「家族がいて子供はここの学校にも通っている。ここでがんばりぬこうと思う」と語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報