ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月20日

ヴォルフスブルクのカマチョが、再び足首を手術

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イグナシオ・カマチョから、再び残念な知らせが届いた。昨年10月に左足首の手術を受けていたスペイン人MFは、これから再び手術を受けることになり、再び復帰時期が不透明となっている。

 本来は今冬の準備期間では、再びチームメイトらとともにトレーニングに勤しむはずだった。そして後半戦からは戦列復帰が期待されていたものの、来週水曜日に再び足首にメスを入れる判断を下しており、「まだ問題があったんだ」とブルーノ・ラバディア監督は明かした。

 かつて長年マラガで主将も務めていた28才のボランチは、スペイン代表としても1試合で出場した経験をもち、2017年夏にヴォルフスブルクへと加入。だがそれからは負傷に泣かされる日々が続いており、今季はここまで出場した6試合すべてでフル出場。kicker採点平均3と好成績をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報