ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月29日

メーメディが内転筋負傷、次節ベルリン戦の出場が不透明に

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクでは現在、アドミール・メーメディの次節ヘルタ・ベルリン戦での出場が危ぶまれている。スイス人FWは前節のレヴァークーゼン戦にて負傷を抱えており、月曜日の検査の結果、内転筋に過度伸展を抱えていることが判明した。

 これによりブルーノ・ラバディア監督は、メーメディの穴埋めに追われることになるのだが、先日のレヴァークーゼン戦ではシステムなどを変更することなく、ユヌス・マリをそのまま入れ替わりで起用している。

 その他のオプションとしては、システムを4−3−3へと変更して、シーズン序盤では主力だったヨシプ・ブレカロを左ウィングへと起用。右には先日の試合では2トップの一角を担ったレナート・シュテッフェンを配置することが考えられるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報