ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月22日

ヴォルフスブルクのウェクホルストが、負傷で練習を中断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日にVfLヴォルフスブルクのブルーノ・ラバディア監督は、ワウト・ウェクホルストが練習中断を余儀なくされたことを明らかにした。「検査を受けることになる。どんな可能性もあるよ」そう語った指揮官によれば、このタフなスケジュールのなかで同選手は内転筋に違和感を感じており、火曜日に休養を与えていたことが好影響を与えていたことを強調。「しかし不意に違和感を覚えたんだ」と説明している。

 仮にヴェクホルストが離脱となった場合、ヴォルフスブルクにとっては頭の痛い問題をかかえることになるだろう。これまで9得点をマークしてきた大型FWの穴埋めのためには、同じくフィジカルに長けたダニエル・ギンチェクが足首の負傷で離脱中にあり、またトップ下で再び息を吹き返したFWアドミール・メーメディについても、内転筋の離脱から3週間ぶりにメンバー復帰を果たしたが、先発可能な状況かについては不透明となったままだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報