ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月10日

ヨヴィッチ2世?ヨヴェリッチに複数のブンデスクラブが熱視線

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス得点王争いを演じるルカ・ヨヴィッチとも比較され、レッドスター・ベオグラードに所属するセルビアの若き点取り屋、デヤン・ヨヴェリッチ。ヨヴェリッチほどのフィジカル面での強さはまだないが、同様に高いシュート力を持ち、巧みなフェイントとドリブルを持つ19歳に対しては、すでに数多くのブンデスリーガのクラブからの関心が伝えられているところだ。

 そのなかにはTSGホッフェンハイム、VfLヴォルフスブルク、1.FSVマインツ05の他、VfBシュトゥットガルトからの関心も寄せられており、地元メディア”Mozzart Sport”では500万ユーロを提示するとも報道。しかしながらkickerが得た情報によれば、最近ではマッフェオやソーサなどの若手選手に問題も見られるシュトゥットガルトでは、リストアップはしているもののまだ動きには出ていない模様。

 今季13試合に出場して5得点を1アシストをマークしているヨヴェリッチは、チャンピオンズリーグでも2試合に出場。加えてユースリーグにも4試合に出場しており、こちらでは3得点を記録。ちなみに先日は昇格組ノビ・サドとのリーグ戦が行われ、そこにはドイツからのスカウトが複数見受けられたものの、この試合ではヨヴェリッチは無得点で途中交代を告げられている。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報