ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月15日

ドルトムントから関心のルシヨン、シュマッケ氏は「落ち着き」強調

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨夏にモンペリエからヴォルフスブルクへと加入し、その移籍初年度からブンデス指折りの左サイドバックへと飛躍したジェローム・ルシヨン。そんな26才のフランス人に対しては、ボルシア・ドルトムントなどの他クラブから関心も寄せられているところだが、VfLヴォルフスブルクのヨルグ・シュマッケ氏は「落ち着き」を強調した。

 「まず1つ強調しておきたいのが」と語った同氏は、「我々の選手が非常に良いクラブより関心を抱かれるというのは良いことなんだ。」としながらも、「しかしながら今のところはどこからもコンタクトはないよ」ともコメント。2022年まで残す契約には例外条項はないとし、あくまで「落ち着きをもっている」ことを強調している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報