ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月25日

ヴォルフスブルク、ヤングボーイズからムバブ獲得を発表

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにkickerでは先週金曜にお伝えしていたが、既報通りVfLヴォルフスブルクは来季に向けた最初の新戦力として、スイス1部ヤングボーイズ・ベルンからケヴィン・ムバブの獲得に成功したことを正式に発表した。右サイドバックを主戦場とし、4バックならばどこでもプレー可能な24才とは、2023年までの契約で合意している。背番号は19。なお契約に関する詳しい情報については、双方のクラブの取り決めにより特に明かされてはいない。

 ヴォルフスブルクでマネージャーを務めるヨルグ・シュマッケ氏は、「フィジカル面での強さとスピードを兼ね備え、選手としても人間性という面でもヴォルフスブルクにマッチする選手」の獲得へ喜びをみせ、一方のムバブも「ブンデスでの新たな冒険をとても楽しみにしている。ヴォルフスブルクの環境は、高いレベルでの飛躍を目指す中で理想的なものだと感じた」と語った。

 なお今回身につける背番号19は、かつて大きな期待が寄せられながらも2015年1月、交通事故に遭い他界したジュニオール・マランダが身につけていたものであり、「もちろん知っている」と語ったスイス代表は、「この番号を身につけられることは大変な名誉だと感じているし、これは自信へとつながるものだ。それにふさわしい選手であるということを、全力をもって証明したい」と意気込みを見せている。

 身長184cmのムバブは、4バックであればどこでもプレー可能であり、これまでヤングボーイズにて公式戦93試合に出場、5得点15アシストをマークしており、さらにスイス代表としても3試合の出場経験をもち、今回の獲得に際してヴォルフスブルクは、移籍金として1000万ユーロに迫る金額を投じたとみられているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報