ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月28日

ヴォルフスブルク、ブルックスとルシヨン、ギンチェクも欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヨーロッパリーグ出場権に望みをつなぎたいVfLヴォルフスブルクは、日曜午後に6位TSGホッフェンハイムとの直接対決が控えているところだが、しじゃしながらこの試合で3人もの主力選手、アンソニー・ブルックス、ジェローム・ルシヨン、そしてダニエル・ギンチェクが離脱することが明らかとなった。

 守備の要ブルックスは内側側副靭帯を過度伸展しており、今季ブンデスでベストの左SBへと飛躍したルシヨンは筋肉系の問題を、FWギンチェクは背中の痛みをそれぞれに訴えているところだ。

 さらにヴォルフスブルクでは守護神コーエン・カスティールスが大腿筋の負傷により、ベテランSBパウル・フェルハーフは肋骨の打撲のために、そして若手CBフェリックス・ウドゥオカイは筋肉系の問題によりそれぞれ離脱中。

 そのため今回の一戦にむけては、U19からウィングのジョン・イェボアや、U23から守備のオールラウンダーのドミニク・フランケらがメンバー入りしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報