ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月29日

退場回避、MOM選出、そして「もうすぐパパになる」マキシミリアン・アーノルド

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた6位TSGホッフェンハイムとの欧州リーグめぐる直接対決では、4−1と勝利をおさめて出場への希望を保つことに成功したVfLヴォルフスブルク。特にこれからの残り3試合の相手がニュルンベルク、シュトゥットガルト、アウグスブルクと下位に沈んでいることからも、今回の勝利は「追い風になるものだ」とマキシミリアン・アーノルドは語った。

 ただ同選手にとってはヒヤリする場面もあった。後半64分に相手MFフロリアン・グリリッチュとの対人戦に臨んだ際に、「彼はたくみに足を入れてきていて、その結果、僕は思いっきりいってしまったんだ。蹴るつもりなんて全くなかったし、こうなってしまったことは本当に申し訳ない」とコメント。だがそのプレーに対して、主審を務めたデニス・アイテキン氏からは、警告のみで済む幸運にも恵まれている。

一方でアーノルドはこの試合で1得点1アシスト、マン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を披露。その点でサッカー面ではクラブの浮上、そして自身は退場回避と好パフォーマンスという、まさに素晴らしい週末となったが、さらに24才のMFは「もうすぐ、僕は父親になるんだ」ともコメント。「男の子が生まれるんだよ」と喜びをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報