ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月30日

ヴォルフスブルク、移籍先模索のためにフェルハーフに練習参加免除

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfLヴォルフスブルクは、契約を今季いっぱいで満了するパウル・フェルハーフに対して、移籍先の模索に集中するために練習参加を免除した。「このことについてしっかりと話し合いを行い、そして共にこの決断に至ったよ」と、フェルハーフはクラブの発表の中でコメントしている。

 今季はリーグ戦わずか2試合のみの出場にとどまっていたベテランDFは「サッカー面では厳しい状況に置かれはしたけど、でもヴォルフスブルクでは総じて良い時間を過ごすことができたと思うし、残りのシーズンでの成功を願っている。」とコメント。マネージャーを務めるヨルゴ・シュマッケ氏は「先週末に共に決断を下したんだ。」と説明した。

 オランダ代表として3試合に出場した経験をもつフェルハーフは、フィテッセから2010年にアウグスブルクへと移籍。2017年からはヴォルフスブルクへと加入しており、これまでブンデス2部30試合に出場して1得点、ブンデス1部では189試合に出場して21得点をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報