ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月08日

フュルトがセグインを買い取り、ヴォルフスブルクから獲得

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今冬にVfLヴォルフスブルクから、2部グロイター・フュルトへとレンタル移籍しているパウル・セグインだが、来季も引き続きフュルトにてプレーすることが明らかとなった。

 これは両クラブから発表されたものであり、フュルト側は買い取りオプションを行使。これによりセグインは、2022年までの契約を締結している。「後半戦で、そのクオリティをしばしばみせてくれた」と述べ、「伸び代もある。その点について共に取り組んでいきたい」と、フュルトのシュテファン・ライトル監督はコメント。

 一方のセグインは「将来のことがはっきりして、そしてこれからもフュルトでプレーできてうれしい。とても温かく迎え入れてくれたし、残りの2試合でも引き続き全力を尽くしたい」と意気込みをみせている。

 昨シーズンにも2部ドレスデンにレンタル移籍していたセグインは、その後もユース時代を過ごしたヴォルフスブルクでは役割を得られず、24才のMFはこれまで、ブンデス1部26試合に出場。1得点、1アシストをマークしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報