ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月11日

オタビオ、ケーキにはすでにヴォルフスブルクのロゴ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に例外条項に定められた250万ユーロを支払う形で、VfLヴォルフスブルクからSCフライブルクへと渡ったジャン=ルカ・イッテル。その穴埋めとしてkickerが得た情報によれば、来季はブンデス3部に降格したFCインゴルシュタットより、パウロ・オタビオに関心を示しているところだ。

 まだ正式な発表こそなされてはいないものの、母国ブラジルにて家族や友人らとオフを過ごしている同選手は自身のインスタグラムにて、投稿した写真やビデオの中に、ヴォルフスブルクのロゴと6番の数字が飾られたケーキが掲載。すでに移籍は既定路線をなっているようだ。

 昨季はブンデス2部27試合に出場したブラジル人DFは、スピードに長けた攻撃的な選手であり、ヴォルフスブルクが求めている選手像にマッチしているといえるだろう。さらに同選手はLASKリンツ時代に、来季からヴォルフスブルクの監督を務めるオリヴァー・グラスナー氏の下でプレーした経験をもつこともプラス材料だ。

 なおヴォルフスブルクの左サイドバックでは、昨夏に加入したジェローム・ルシヨンが、ブンデスを代表する左サイドバックにまで飛躍。そのため前述のイッテルはわずか2試合の出場にとどまっており、そのことが今夏での移籍の引き金にもなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報