ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月26日

ヴォルフスブルク、ブレカロは移籍の流れ、フィリップは獲得か

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クロアチア代表の一員として臨んだ今夏のU21欧州選手権では、VfLヴォルフスブルクからの移籍を希望するヨシプ・ブレカロは、最終戦となったイングランド戦にて2得点をマーク。アピールすることに成功した。

 ヴォルフスブルク側としては同選手の売却金額として、1500〜2000万ユーロであれば応じる考えを抱いているとみられており、移籍先の候補としてはポルトガルの名門ベンフィカ、さらにはセリエAのクラブからの関心も寄せられている模様。

 その一方でヴォルフスブルクでは、ボルシア・ドルトムントに所属するマキシミリアン・フィリップの獲得を目指しているところであり、kickerが得た情報によれば現在のところは移籍の流れにあるようだ。ポリバレントな元ドイツユース代表FWの移籍金額は、2000万ユーロをわずかに下回るものとなるだろう。

 またヴォルフスブルクでは、20才の守備のスペシャリスト、ドミニク・フランケを2部昇格を果たしたヴェーエン・ヴィースバーデンへと1年間の期限付きでレンタルした。昨季下部チームにて32試合に出場していた同選手は、「キャリアのステップアップを果たしたい」と意気込んでいる。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報